ドレッサーTのガレキ製作記

日常生活や原型製作、PC製作、DQXに関する日記。

キャラホビに向けてズゴッギー等作ってます。
そろそろ、出力とか色々と試したいので4月に届いてたTitan 1を
稼働させることにしました。とりあえず、組立は終了。
これからPC接続やらキャリブレーションやらと大変そう。

titan1.jpg
設置場所の高さがとれないので、クリアレッド箱を開閉式にしました。

Titan 1、とりあえず組み立てて思ってことは
重要なパーツは日本製で精度や安心感はあるのですが
ネジとかすごく酷い。最近のC国製でもこんな酷いのないぞって思うほど。
もしかしてK国製?とか思いました。
すかさず、リューターで加工したりしてしまいましたが
ホームセンター行って同じネジ揃えたりすれば良かったな…
ちなみにFANはLIANLI製、WS吾妻島でnoctua NF-P12-1300に交換した
LIANLI製FANと一緒。同じのいくつか余ってるから微妙な感じ。
熱がこもるようなら余ってるFAN足すか。
ニッパーやピンセットも入ってました。でも、仕事で使ってるのあるから要らない。
レンチも含めて工具が入ってる心遣いは嬉しいが、このtitan 1を組み立てて
使おうって連中でそういう工具持ってない人って居ないと思う。
しかも、自分も含めてかなり良い工具持ってるはずだよね(^_^;;;
簡易式なもので使い捨て的なものが入ってるなら解るんですが、微妙に
捨て辛い400円~800円くらいの工具たち(^_^; どうするべ…
その金額をネジ類に回して精度を上げて欲しかった~!
でも、プロジェクターや基板付いてる板の高さを調整する時に、オレンジ柄の
六角レンチは活躍しました(^_^)v
あと、クリアレッド板を箱状に組立るのに同梱されてる3M製両面テープが
微妙に使い難いしテープが厚い、伸ばせば薄くなるが(^_^;
どうせ3M製入れるならもっと良い両面テープ入れてくれ~というか
作業で使ってる両面テープ使おうとチマチマと組立…
いやいや待て、両面テープで貼付ってそもそもどうなのよ?って。
普通にネジで止めればいいじゃないか、と。

出力はまだしてないんで性能は判らないんですが、見た目とか気にする人は
Form 1とかの方買うだろうなぁって思いました。
俺は出来合いのものより、こういうの大好きですが(笑)
プロジェクターとかソフトやら、色々と弄くれば性能差が出るかなぁなんて
妄想という名のワクワク感がたまりません。
スポンサーサイト