ドレッサーTのガレキ製作記

日常生活や原型製作、PC製作、DQXに関する日記。

ホビーバンク株式会社は2014年3月31日に解散いたします。
正式な解散はすべての会計がきちんと清算してからなので
4月中ということになりますが、事務所が無くなるのは
3月31日です。
ブックバンクは業務を停止しており、ホビーショップ カサレは
とりあえず3月初旬あたりまで販売を継続する予定です。
もうほとんど売れ線の商品は残っていませんが最後は9割引とか
やって終わりにしましょうか・・・
あと、取り置きしている方はレジも処分する中旬あたりまでに
ご来店頂ければと思ってます。

実は解散を決めたのは昨年11月末でした。最大の理由は
ブックバンクの仕入の質と量が低下し今後の展望は見込めなく
なったからです。古本はすべてamazonで販売していたので
販売数は問題ありませんでしたが、このままでは販売する
本が無くなってしまうというのが一昨年からの悩みでした。
次に消費税、理由は昨日グチった通りであのシステムでは
消費税が預かれない。セドリだけで中規模の店は商品単価が
105円以上で薄利になるので、消費税の心配は少なくなります
が(でも、そんな所はすでに淘汰されてるよね)、ワンステップ
進んでネットオフ等の超大手から商材買ってる所はかなり死活
問題でしょうか。もうワンステップ進んで買取が安定してる所
は色々とコントロール出来るからしばらくは問題無いと
思いますが。ブックバンクは買取サービスの安定化にたどり
着けなかったのが敗因です。今もそこだけが悔しいです。

このブログに来て下さってる方は、ドレッサーTの仕事は
模型関連の販売とメーカーさんの試作品や完成見本の製作という
のがメインでしょ、と思ってる方がほとんどですが
模型の販売はまったく儲けが無く人件費を考慮するとマイナス
でした。副業である製作の業務に役立ったし店頭販売は
現在の倉庫事務所に移転した際にほぼ無くなり通販メインで
ブックバンクの梱包のオマケ程度だったというのが模型部門
を存続出来てた要因でしょうか。ブックバンクがあったからこそ
存在出来てたカサレです。

次の事業は製作の仕事をまず1年間は頑張ってみます。
法人から個人事業に戻りますし、屋号は色々と利点があるので
そのままホビーショップ カサレでいきます。
とりあえず、まずは次の活動拠点の確保でしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記