ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

昨日はGレコメカ2体を納品。そして今日がキャラホビ2次申請の締切だったりします。
納品時にお仕事を頂きましたが締め日聞いて最初は思わず断ってしまいました(^_^;
いつもはお仕事断るなんてとんでもないことしませんが、さすがにその時点では
申請予定のズゴッギーとシングルエフラグの部品一片すらこの世に存在してない
状態だったもんですから…
でも土日で終わりそうなんで考え直してお仕事頂きましたが。

というわけで昨日、光造形機タイタン稼働しました。で、今日の朝4時くらいに
↓ズゴッギーの部品が画像の分ですべて出力終了。出力できる範囲狭いので
ガンダムシリーズの1/144スケールでも数回に分けてという状況です。
zugo0.jpg
スピード優先で、XY50ミクロンでZは100ミクロンで出力しました。
メーカーさんからのお仕事で触れてる光造形と比べたら、コンシューマな
マシンでしかもスピード優先&失敗しないように極太ランナー付けた光造形は
かなり厳しいかなと出力前は思いましたが、実際に出力品触るとびっくり。
かなり良い、想像以上の出来映えで本当にびっくり。極太ランナーも
サポート材を除去した面の表面処理に比べれば、全然問題ないし。
出力範囲はこれ以上狭くしたくないのでXYは50ミクロン固定で、Zはもっと
細かくしたいけど出力時間考えるとこれでも良いかなって感じになってきました。
ただ、出力の精度が一定しないので細かいモールドが潰れたりする時があります。
1次原型としてと捉えると問題ないですが、出力品を磨いて彩色して展示品として
使うとしたらダメっすね。
マシン本体、レジン等の材料が業務機より1/10以下の金額で手に入るので
安価な一次原型製作機として捉えると抜群の働きをする光造型機です。

今からシングルエフラグの出力と、ズゴッギーの組立&サフ噴きですね。
え?磨き?、磨きはどうしようかねぇ…(^_^;

仕事と趣味の製作もGレコ三昧。最高に嬉しいっす。
スポンサーサイト
毎年行ってるホビーショー、インターネットがそんなに普及していなかった
20年程前(その時は一般日でしたが)は新製品の情報等、楽しみでしたが
今は…ねぇ?
サッと発注して1時間も居ないで返るってのが十数年続いてましたが
今回は凄く楽しく過ごす為の目標決めて行くことに。
HS01.jpg
昔は始発の相模線に乗って茅ヶ崎から東海道線でまったりと一人で静岡に
行ってましたが、今は車使ってます。
新東名の方がガソリンの持ちが良い気がします。

HS02.jpgHS03.jpg
つうわけで、第一目標のスガキヤに到着。昔、橋本駅前のユニーにありました。
独特な味で、たまにスガキヤ食いたいなって思うと相模原の村田屋に行きます。
約30年ぶりのスガキヤ、前日に村田屋に行ってスープの味が本当に似てるか
再チェックしてきました(笑)

HS04.jpg
スープの濃厚さでいえば村田屋の方が凄く濃いですが、自分の舌では味はかなり
似てます。村田屋は自分の感覚では豪華なスガキヤ。
スガキヤも昔の記憶にあるカップメンに入ってるチャーシューみたいなのとかと
全然変わっていて少し豪華になってました。

HS05.jpg
ホビーショー会場に到着。第二目標の名刺配りスタートだぜ!
だが、ここで持って来た名刺がすべてホビーバンク時代の名刺だったが発覚!
全部捨てたはずなのになぜだ?もう、ここですべてのヤル気が削がれました。
しかし、ホビーショー行くよ~って言ってあるのにそまま帰るわけには…
ボールペンでHB時代の住所等訂正して、ブックバンクの記述に横線引っ張って
う~ん、訂正後の名刺見れば見るほど気持ちは沈んでゆく…
絶望のどん底だったたので写真とか一切撮って無かったのに
今気付く始末…

その後はHさんから教えて貰った第三目標の別格のかっぱ寿司へ。旨い。

HS06.jpgHS07.jpg
帰りは駿河湾沼津SAでお土産買ったり、展望台にある望遠鏡で駿河湾見たり。
しかし、曇りだった為に海もほとんど見えず、左側のレンズに水が溜まってて
右目の方しか見えなかったり…

来年は名刺、気を付けよう。この業界に来年も居られるかわかりませんが…
キャラホビに向けてズゴッギー等作ってます。
そろそろ、出力とか色々と試したいので4月に届いてたTitan 1を
稼働させることにしました。とりあえず、組立は終了。
これからPC接続やらキャリブレーションやらと大変そう。

titan1.jpg
設置場所の高さがとれないので、クリアレッド箱を開閉式にしました。

Titan 1、とりあえず組み立てて思ってことは
重要なパーツは日本製で精度や安心感はあるのですが
ネジとかすごく酷い。最近のC国製でもこんな酷いのないぞって思うほど。
もしかしてK国製?とか思いました。
すかさず、リューターで加工したりしてしまいましたが
ホームセンター行って同じネジ揃えたりすれば良かったな…
ちなみにFANはLIANLI製、WS吾妻島でnoctua NF-P12-1300に交換した
LIANLI製FANと一緒。同じのいくつか余ってるから微妙な感じ。
熱がこもるようなら余ってるFAN足すか。
ニッパーやピンセットも入ってました。でも、仕事で使ってるのあるから要らない。
レンチも含めて工具が入ってる心遣いは嬉しいが、このtitan 1を組み立てて
使おうって連中でそういう工具持ってない人って居ないと思う。
しかも、自分も含めてかなり良い工具持ってるはずだよね(^_^;;;
簡易式なもので使い捨て的なものが入ってるなら解るんですが、微妙に
捨て辛い400円~800円くらいの工具たち(^_^; どうするべ…
その金額をネジ類に回して精度を上げて欲しかった~!
でも、プロジェクターや基板付いてる板の高さを調整する時に、オレンジ柄の
六角レンチは活躍しました(^_^)v
あと、クリアレッド板を箱状に組立るのに同梱されてる3M製両面テープが
微妙に使い難いしテープが厚い、伸ばせば薄くなるが(^_^;
どうせ3M製入れるならもっと良い両面テープ入れてくれ~というか
作業で使ってる両面テープ使おうとチマチマと組立…
いやいや待て、両面テープで貼付ってそもそもどうなのよ?って。
普通にネジで止めればいいじゃないか、と。

出力はまだしてないんで性能は判らないんですが、見た目とか気にする人は
Form 1とかの方買うだろうなぁって思いました。
俺は出来合いのものより、こういうの大好きですが(笑)
プロジェクターとかソフトやら、色々と弄くれば性能差が出るかなぁなんて
妄想という名のワクワク感がたまりません。