ドレッサーTのガレキ製作記

日常生活や原型製作、PC製作、DQXに関する日記。

だが、win7使うにはBIOS面でちょっと不安定…
CFDさんからGA-7PESH3の検証機借りた時点ではwin7はサポートされて
無かったんで当然かな。更新は頻繁に行われてるようなので、今後に期待っす。
そう言うとASUSのZ9PE-D8 WS買えば良かったんじゃ?となるが
一応、QUADRO SLIを勘違いでも表記しちゃった手前、そのうち認証させて
くんないかなぁとほんの少しな期待をかけてます(^_^;
本気でSLIやるならZ820とか分捕りすれば良いとは思うのですが
お金かかる割に実作業的にはあまり意味ないですもんね。
a-1.jpga-2.jpga-3.jpga-4.jpg
a-5.jpga-6.jpga-7.jpga-8.jpg

構成は以下な感じ。
【OS】 ・・・・・・・・・・・MS Windows7 SP1 64bit
【CPU】・・・・・・・・・・Intel Xeon E5-2687W ×2個
【M/B】・・・・・・・・・・GIGABYTE GA-7PESH3(LGA2011)
【VGA】・・・・・・・・・・ELSA NVIDIA Quadro K5000
【メモリー】・・・・・・・・・Kingston KVR16R11D4K4/64 16GB×8枚(128GB)
【電源】・・・・・・・・・・ENERMAX Platimax/EPM1350EWT(1350W)
【SSD】・・・・・・・・・・PLEXTOR M6 PRO 1TB
【光学ドライブ】・・・・・PIONEER BD-RW BDR-208DBK(ブルーレイRAMドライブ)
【ディスプレイ】 ・・・・・・IBM T221 DGP(32bit 解像度3840×2400 50Hz)
【ケース】・・・・・・・・・・LIANLI PC-D600 シルバー

準WS「しらね」のQUADRO K5000を一枚流用するという形で、QUADROマシンが2台になりました。
M/Bのチップセットはヒートシンクが付いてるだけなので温度高いですね、ここも水冷にしたいですが
フルカバー出ないかなぁなんて…
定格動作なんでベンチ結果はまぁ、なんか面白味の欠ける感じです。
電源の1350Wはやりすぎましたね。この構成なら700Wもあれば十分ですが
まぁ、なんか強力なの付ける日が来るかもと1350Wにしました。ENERMAXっていう所に
突っ込み入ることもありますが、自分は外れ引いたことないんで好んで使ってます。
PLEXTOR M6 PRO 1TB最高っすね。実体感はまったくよく解りませんが、ベンチ結果
見ると嬉しくなります。今後はHDD買うことないんだろうなぁ…
T221モニタは3840×2400 50Hzで速度的には問題ないですが、ソフトによっては文字が
非常に見難いのが問題でしょうか。

スポンサーサイト
毎年恒例の花粉症シーズン突入でクシャミと鼻水が止まりません。
この状態で、今日の夕刻あたりから塗装に突入。塗装自体は大した問題に
ならないけど、マスキングが厳しい。鼻をズルズルさせながら0.4mm幅の
マスキングテープ貼ったりして精度出さなきゃと思うと、結構ウツ。

まぁ、がんばろう。