ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

「あの塗装ブースの構造だと風が邪魔で塗装し辛くない?」
と聞かれたので、こりゃいかんと詳しく説明です。
説明下手なんですいませんね(^_^;

P1001440.jpg
塗装する場合は上に設置したアクリル板の下に入らないように塗装します。
送風機の風が塗装エリアの方に広がらないように調整して
アクリル板の下を通過するようにしているからです。
この辺りは各自で購入した送風機によって色々と調整が必要です。
風が通過しているエリアの手前で塗装することにより
ホコリの引き込みを防ぎ、塗面に付着できなかった塗料は粒子となって
風に巻き込まれてフィルターで絡め取られます。

ただ、この構造が可能なのは自分の設定してるエア圧が通常1.5気圧以上
細噴き時でも1気圧は出してるからというのと、0.3mm口径で塗面までの
距離が1cm~2cm、0.6mm口径でも10cmは離れないという特殊な塗装
というかかなり特殊な溶剤使ってるからでしょうか。
揮発が速すぎてかなり使いにくいのですが、極めると塗装直後に触れる
速乾性と薄い塗膜と強力な隠蔽力、短時間での塗装、光沢~ツヤ消しの調整
ができます。自分のエアブラシにトリガーが2本だけ(ほとんど使ってない)
なのは指が疲れる前に塗装が終わるからというのもあります。
最近発売されたクレオスさんのラピッドうすめ液が速乾性でいうと
自分の使っている溶剤と凄く近いので興味ある方はいかがでしょうか?
一応念のために発売前のホビーショーでクレオスさんの営業の方に
聞いておいたんですが、ツヤ消し専用と表記されているのは
一般的な塗装距離ではツヤ消しになってしまう為だけのことで
近づいて塗装すれば光沢や半ツヤにもなるので使いこなせれば便利ですね。

P1001433.jpg
リューター使用時にも使えますが、この場合は風の中で作業します。
欠片や重い粉は下に落ちるので作業終了時に拭き取るとか掃除機で
吸うとかして掃除すればOKですね。

今回の移転先が一軒家で住宅地でしたので、外に粉は絶対に排出しない
という意気込みで3層の交換式フィルターを自作しました。
たぶん、塗装中に何回かフィルター交換するようになるんだろうなと
今からちょっと鬱。

P1001436.jpg
塗装ブースに使用したのは高須産業さんの窓枠換気扇です。
画像のはWSルームに正しい使い方で設置した同じ換気扇。
塗装ブースを使用しない時は窓をきちんと閉められるので
窓枠用は便利です。ただ、塗装ブースとして使う時は本来上に
設置するべき所を下に設置するため、逆さまに設置することになり
窓枠によっては取付に一工夫必要になるかもしれません。
高須産業さんのは吸い込みの力は弱いので、上に設置してダクトを
通して吸い込むというのは無理があると思います。

また、作業部屋を密室にした場合は空気の吸引口が必要になります。
密室状態で空気を排出だけしていると吸引力が弱まりというか
排出が機能しなくなります。まぁ、そんな凄い密室が作れたら
もうクリーンルーム作っちゃえよと言いたくなりますが。

P1001435.jpgP1001432.jpg
塗料を入れたりする時に一時的にエアブラシを置いておける
スペースがあると結構便利です。本来、レギュレーターを設置する
丸枠はエアブラシがサッと置けるのでかなり便利。
エアブラシの本数が多くなると、メタリックやホワイト、クリアー用と
用途別に使い分けると塗料入替時に掃除が不十分でもなんとかなります。
というか、メタリック色使用したあとに通常色使うと掃除が大変どころか
怖くて使用できません。
最近、アネスト岩田さんのエクリプスというシリーズのエアブラシを
購入しました。コラーニのように内部の管がノズルになっていて
取り出して掃除できるので大変便利です。
ちなみに、waveのアドバンスやHGスプレーワーク、エクリプス等の
プッシュボタンをすべて、使い易いHGⅢスプレーワークのと交換しました。
なんか、エアブラシのパーツ交換ビルドが自分の中で流行ってます。

エアブラシに名前付けたりする時、画像にある本来LANケーブルに使用する
LANタグM-30、便利です。秋葉原の愛三電機さん2階上がってすぐ左手側で
売ってます。エアホースに付けるときはLANケーブル固定用の内側の爪を
取り除いておくと良いと思います。

ちなみに、塗装ブースを設置したショーケースは町田にあった
レインボーさんから頂いてカサレのレジ台としてずっと使って
たものを流用。事務所撤退時期に買い物に来たレインボーさんの
元店員さんに作業場にどうよ?って勧めたら、「懐かしいね
要らないよ」と簡単にスルーされてしまいました(^_^;
ホビーバンクの元社員さん達や知り合いの方々の間で断捨離が
流行ってんのか、不要品がなかなか捌けません(^_^;

あぁ、なんかやっぱり、よく解らない説明になってしまった(^_^;
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

昨日は思わず現状を語ってましたが、その前のブログではホビーバンク解体中と
次の拠点どうしよう?ってとこで終了してたんですね。

ホビーバンクで使用してた事務所は無事に撤退できました。
P1001389.jpg
計60坪に所狭しと置かれてた物品を始末するのは大変でした。
というか新しい拠点でどう整理するか困ってる最中だったりして(笑)

P1001382.jpg
廃材をはみ出して詰め込まれたコンテナをトラックにドッキングしよう
としてる所を撮影。こういうの見てるだけってのは大好きです。

P1001394.jpg
少し余った木っ端の処分も兼ねてバーベキューしました。
退去の立会も済んで、新しい拠点に荷物も運び終わってホッと
一息できた頃です。3月21日ですね。

新しい拠点は3月12日に物件見せて貰って18日には入居だったんで
どんだけ急がせたんだか(^_^;;;
大家さんに業務内容を伝えて快諾して頂いたんで、安心して製作作業できます。
実家や駅に近くなったんでかなり便利です。アリオが徒歩圏内なんで昼食時に
よく出没してます。
ではでは

テーマ:日記 - ジャンル:日記

約一ヶ月、ネット環境が無いというのは不便でした。
でも、PCでメールが使えないとかweb見られないで不便なのは
仕事関係だけだったりして。俺ってネット依存じゃ無かったんだと認識。

さてさて、色々と報告です。
まずワンフェス、またまた落選しました(笑)、別に悪いことしてないんですが(^_^;;;
次回申込ではキャパの狭い18禁ブースの参加は止めて、一般ブースにします。

ホビーショップ カサレは継続します。が、メインのお仕事はメーカーさんからの
試作関係のお仕事で、店頭販売自は一見さんお断りにして、通販でガンプラと
GKキャストやルミパウダー、マジョッコ売るくらいでしょうか。
200万弱の在庫はあるんで超々大安売りでもして捌きたいですね。

製作に使う塗装ブース、新設計しました。
皆様の模型製作への一助となればと思って解説付きで公開っす。

P1001428.jpg
全体の様子、今までの塗装ブースと一緒で横から流れる風にエアブラシからの
エアーが巻き込まれて、外に排出される仕組みです。
市販されている塗装ブースでは、空気を引き込む口の前で模型パーツの塗装を
行うことになるので、空気と一緒にホコリが飛んできて塗面に付着することが
あります。あまり神経質になる必要は無いのですが、自分の場合は仕事ですので
ホコリ付いたとか致命的なんで。本当は塗装工場みたいに上から下へ空気が
流れるシステムに憧れてるんですが、さすがに自作するのは大変そう・・・
上に置いてあるのは猫の爪研ぎ、模型のパーツを竹串や竹串付きのクリップで
固定して塗装した後に猫の爪研ぎに刺して固定します。

P1001414.jpg
前回は送風側も換気扇でしたが、今回はサーキュレーターを小改造して使用。
風の範囲を狭くしつつ幅90cmの距離を通すようにしてます。

P1001413.jpg
前回から大きく変わった排出口。前回は換気扇を通してからダクトの末端にある
フィルターで粉をキャッチしてたんですが、今回は換気扇の前にフィルターを
配備。三層フィルターで、掃除や交換し易くなってます。

P1001417.jpg
ついに22本になったエアブラシ。そんなに必要?ってよく言われますが
数体同時進行、後ハメ禁止、納期まであと数時間での修羅場にはこれでも
少ないくらい。一体のみ、後ハメOK、納期まで時間の余裕ある時とかは
1本で充分だったり。なので、後の掃除が大変なのでなるべく使用本数を
抑えて塗装してます。あと、どんなに似た色でも、少しでも違えば
使い回ししないでちゃんと指定通りの色を調色して塗装してるのも
本数多くなる要因です。

ではでは

テーマ:日記 - ジャンル:日記