ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

まずは、パーツチェックをお願いいたします。

ラクスラクスラクスラクス
ラクスラクスラクスラクスラクスラクス

1.後髪
2.前右髪
3.前左髪
4.髪飾り
5.上半身
6.水着上右
7.水着上左
8.紐後
9.紐右
10.紐前
11.紐左
12.結目下
13.結目上
14.結目上(予備)
15.腹
16.ピンクちゃん
17.水着下
18.ナプキン
19.右脚
20.左脚
21.リボン右
22.リボン左
23.サンダル上部右
24.サンダル上部左
25.サンダル下部右
26.サンダル下部左
27.かかと右
28.かかと左
29.足右
30.足左
31.留具右
32.留具左
33.抹茶アイス
34.コーン
・アイス包装用紙
・瞳シール
・木ネジ6本

以上となります。

尚、7.の水着上左パーツは全頒布品が下記画像の右下のようになっていますので、修正をよろしく
お願いいたします。中央の穴はバリ処理に失敗すると、このような穴が空きます。
bura.jpg
画像は後期ver.で若干塞がっていますが、その分モールドが余計に無くなってます。

明日以降は、各パーツでバリ、ゲート処理の困難な所、水着上部分の修正方法と上半身の右脇のシリコンが喰われた所の処理方法を解説して、組立に入りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

モモカンの組立説明ですが、1ヶ月以上かかって申し訳ございませんでした。
基本的にはWHF版と同じ組立方法ですので、改良された点だけ解説していきます。
また、展示品では未塗装でしたが、やはり塗装した方が見栄えが良いと思いますので、一般参加者様が作られる場合、塗装をよろしくお願いします。ジャージの色、違うしね・・・

mm01.jpg
まず、ライン(腕、脚)の内側を組み込みながら、ピッタシにハマるよう削っていきます。
画像でいうと、赤線が引いてある側です。
mm02.jpg
ハメ込みが上手くいったら、瞬着で固定します。

mm03.jpg
バットは瞬着で固定しただけだと曲がっってしまいますので、金属線(真鍮線)を通します。
一度、バットとグリップを瞬着で固定して画像の白い矢印側のグリップからバットにかけて、ピンバイスで穴をあけます。太い径ほど良いと思いますが難易度も増しますので、自分に合った径で開けて下さい。金属線を入れるのが面倒な場合は、ドリル刃をそのまま金属線として利用するのもOkかと・・・
mm04.jpg
バットとグリップが固定できたら、右手をハメて蓋(グリップの底のヤツ)を瞬着で固定します。

mm051.jpgmm052.jpg
顔です。まずは、目のパーツを軽くハメます。画像のように隙間が空きますが、気にしないでください。
mm06.jpg
んで、力を込めて「バチン」と音がするまで押し込みます。
ここの設計は画像のように多少バリがあったり、多少の歪みがあってもしっくりハマるように設計されてますので、軽くハメただけで合わないからと削りこんだりすると全然合わなくなってしまいます。
目を外す時はペンチ等で外すと楽です。

mm07.jpg
口は軽くハメるだけでokです。

mm08.jpg
目にデカールを貼ったり、塗装される場合は、目を顔にハメこんだ状態で行うとヤリ易いです。

それでは、組立で何かわからないことがございましたらメール等でお気軽にお問い合わせ下さい。

#すいません、1/2ラクスの説明も続けて行う予定でしたが、結構複雑な解説になってしまうので
 明日以降、何回かに分けて行っていきます。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

まだまだ片付けが終わってなくキャラホビのダメージが抜けてませんが、とりあえずキャラホビ終了です。

モモカンとラクスの説明は9月10日以降ってことでお願いします。

少し、少し休息下さい・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用