ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

正式にはプラモデル・ラジコンショーでしたっけ・・・

ぶっちゃけ仕事忙しくて、ゆっくり見る暇なんか無いから15時半過ぎに行って、注文取るだけ取ってササッと帰ったんですが、とりあえず、超軽くレポートを。
HGUCガブスレイ、価格と時期は未定です。HGUCヘイズル高機動型 11月発売で1680円(税込)です。他は今月の模型誌に載ってます。
クレオスさんの新触感ソフトフィール塗料、触ってみました。でも特に感想は湧かなかったです。ふぅ~んって感じ。あの塗膜の感じが好きな人には、下地をどうこうしてとかめんどくさいことしなくても簡単に出せるっぽいんで良いかも。
イエローサブマリンさんのミニMSスタンド、かなり良さそうです。1/144のガンプラをメインに合わせて設計したのかな、と思ってたんですが、ハイコンPROとかそのぐらいの大きさがメインだそうです。とにかく収納スペースが有るのが良いですね、ショップでの作例展示の経験を生かした素晴らしいアイディアです。

で、今回一番驚いたのは・・・
業者関連の人達にしかわからない話ですが、抽選で2等とか3等とかがバシバシ当たってる所を生で見れた所でしょうか・・・。問屋さんとか代理の分、抽選出来るんですね。なんか三桁ぐらい連続で回してると、さすがに当たりは出るんだなぁと思った今日この頃。俺もやってみたい・・・

明日から、キャラホビの作業でまったく手を付けて無かった帳簿を付けて提出しに行ったり、電撃の広告作ったりとか色々あって辛そう・・・
なんとか1/2ルナマリアを作成する時間とれないかなぁ・・・
1日取れればなんとかするが・・・

あと超個人的なんですが、ピラフさん、TEL番消えてしまったんで(T_T)
このブログみてたら連絡下さいませ(^_^;;;

スポンサーサイト

テーマ:模型 - ジャンル:趣味・実用

なかなか時間が取れず、ルナマリアには未だにパテすら盛ってない状態です・・・、ごめんなさい。


この間、画像が無断使用されてた件ですが、転売を取り消してくれたようで、ホッとしてます。私以外にも注意してくれた方が居たみたいで、とっても感謝です。


今日は、HGUCヘイズル、MGバリュートパック+百式、ハイコンproデステニーと新製品の発売日で大忙しでした。ヘイズルは3個買いの方が多く、予約してない方はなるべく早く買いに行った方が良いと思います。また、パッケージも格好良いので衝動買いの率も高い感じ、普段seed買ってる子供達もパッと飛びつくような気がします。正式な発売日?の17日には、各模型屋の店頭から消えてるでしょうから・・・、百式はいつでも大丈夫っぽいけど。

テーマ:模型 - ジャンル:趣味・実用

今日というか昨日、知り合いから電話で、ここのブログで公開中の画像が無断で転用されているとのこと・・・。内容を詳しく書いてしまうとその宣伝になってしまうので、詳しくは書けませんが・・・、1/2ルナマリアの転売にここの画像を盗用しているのです。また、過去の転売でもHPからの画像盗用も有りました。
モロに私の店内と分かる画像を使っているので、知り合いは、その盗用してる輩を私だと勘違いしたらしいです。
私が参加している模型イベントの当日版権ルールとして、そのイベント、その日限りの販売がありますので、パテもり蕎麦はルールを徹底遵守して来ましたが、なんか有らぬ疑いをかけられると思うと非常に悔しいです。
イベントガレキを買った方が後日、中古として販売したりする行為は法的に禁止されたりしては無いのでパテもり蕎麦としては、特に抗議等は無かった(出来ない)のですが、今回の件は画像の盗用ですので転売の取り止め、もしくは画像の削除を求めましたが、その転売に関わっているシステムは、そこのIDを取得し毎月の支払いを了承し、クレジットカード等がなければシステム自体を利用出来ないので、そのシステムが利用出来る知り合いに注意を代行して貰いました。また、そのシステムが利用出来ても、盗用者本人に連絡が出来る状態になるのは、その転売物を買った時だけとのことで・・・(T_T)

1/2ルナマリアは、次に当日版権が取得出来れば、複製は業者さんに任せてより精度の良い物を販売いたします。価格に関してはまだ不明ですが、少なくとも転売されている価格よりは遙かに安い価格になります。

また、今後、無断転用されにくいように、画像には「無断転用禁止」等の文字を入れていきます。ただでさえ見にくい画像が更に見にくくなるのですが仕方無いですね。

最後に、昔、1/72デストロイド・モンスターを販売した後、買われた方が自分の技量ではまず完成させられないので という理由でモンスターを転売しているとの事を知り合いから聞いて、非常にショックで、それからは作りやすいキットを作るという目標を掲げて造形に取り組んでいきました。
今回の1/2ルナマリアは、シリコンの量とか無視したパーツ分割で、なるべく組みやすく、なるべく塗装しやすくと製作しました。会場で展示した完成品は私が寝ている3、4時間の間にメンバーの一人が組み上げ、塗装した物です。
その僅かな時間(もう2,3時間あればもっと良い塗装が出来るのに、と言ってました。)でも完成させられるキットです。もちろん、それなりに技量が高い方の製作時間なので、誰もがとは言いませんが・・・
とりあえず、せっかく買ったのだから、完成出来る出来ないは別としてせめて挑戦はして貰えると嬉しいです。

テーマ:模型 - ジャンル:趣味・実用

なんか、久々のブログです。一日ゆっくりと休みの日にでも組み上げて塗装するか とか思ってたんですが、休みの日である木曜日も結局は仕事です。つうか仕事しないと餓死しちゃいますからね(T_T)、弱小店舗の経営者は辛いっすね・・・
とりあえず、店の中で強行し、仮組みまで終わらせました。家族連れの方々がご来店の際は非常に気まずいが、同好の志が来店されるとホっとします。

仮組みでの共通事項はパーツ同士が合うようにバリやゲート後を処理していく。それだけです。今回使った工具、材料はプロテックニッパー、平刀、デザインナイフ、アルテコ瞬着硬化促進剤、ロックタイト低臭低白化です。

●まず、パンツを合わせて、腹(輪っかになってるパーツ)をパンツにくっつけます。そして左右の脚を足底から上に向かって順番に組み上げていきます。パンツに左右の脚をくっつけてバランスを取ります。
runamaria-ho-ku1.jpg


●スカートの上にかかる上着の黒い部分を組み立て、接着します。気になる方は真鍮線を通して下さい。画像の赤い部分でパーツ分割されています。
runamaria-ho-ku2.jpg


●スカートとスカートの上にかかる上着、ベルトを下半身に取り付けます。そして、先に組んでいたスカートの上にかかる上着の黒い部分を仮止めします。その際にスカートの上にかかる上着のパイプにレジンキャストが付いている方は取り除いておいて下さい。平刀やスパチュラで剥がすことができます。
runamaria-ho-ku3.jpg

runamaria-ho-ku4.jpg

runamaria-ho-ku5.jpg


●上半身部分の製作にかかります。でっかいゲートがありますが、プロテックニッパー(前に紹介した際にマイクロミラーブレードとか言いましたが、本当の名前はプロテックでした)みたいなでかいニッパーなら一撃です。
runamaria-ho-ku6.jpg


●上着の左右どちらかの腕を合わせた後、腕の黒い部分をハメ込みます。次に反対の腕をハメ込みます。ハメ込みがきつい場合はレジンキャストの方を多少削って下さい。後は胸章とか黒いのや手をハメ込みます。(画像で胸章の下部分が無いのは踏ん付けて粉々にしてしまったからです・・・)
runamaria-ho-ku7.jpg


●出来た上半身を下半身に合体します。その際に左手の親指を下半身の穴にハメ込みつつ下半身に接続する上半身の円筒部分をきちんと揃えて、下半身のパイプに通します。
runamaria-ho-ku8.jpg


●肩パーツにマークと襟をくっつけます。そして上半身にくっつけます。
runamaria-ho-ku10.jpg

runamaria-ho-ku11.jpg


●頭のパーツ作成にかかります。モミあげと前髪を顔に付けます。モミあげは耳にくっつけるとジャストフィットします。後頭部には後髪パーツを付けます。
runamaria-ho-ku12.jpg

runamaria-ho-ku13.jpg


●後頭部を若干後に倒しながら、顔にくっつけます。
runamaria-ho-ku14.jpg

runamaria-ho-ku15.jpg


●最後に頭を胴体にくっつけて、仮組み終了です。
runamaria-ho-ku16.jpg

runamaria-ho-ku17.jpg

runamaria-ho-ku18.jpg


今回やった仮組みで、パーツのハメ込み位置の印を付けたり、パテを盛る場所の確認をします。また、次の作業は頭から下に向かって、パテ盛りや同色パーツの接着、噛み合わせの修正をしていきます。そしてパーツがバラバラになったら塗装をして組み上げれば完成っていう感じです。
次回はバラバラになる所まで作業が終了したら、キット製作編を公開します。また、キット製作と関係無いですが、多少余裕があれば日記なんかもやってみます。生きてるんだか死んでるんだか分からないから、日記ぐらいつけてくれっていう要望が少し有りましたので(^_^;;;

テーマ:模型 - ジャンル:趣味・実用

え~、イベントちょい前からかなり不定期なブログになってますが、頑張りますんでよろしくです。
と、いうか作業が進み次第、画像付き(当たり前ですね・・・)でアップしていきますので毎日更新は無理っぽいですね(^_^;

んで、とりあえず、パーツチェックと洗いが終わったら次はゲート後とバリ処理ですね。まずは目に付いたスカートをやってみました。
この時点で気泡の処理はしなくても良いとは思いますが、私は次のWFの原型を同時にやっているので、余ったパテをこの時点で気泡埋めに使ってます。
ゲート後、バリ処理が終わったら仮組みして、噛み合わせのチェックをしますので、その時にパテ盛りした方が良いと思います。
仮組みした時に表に出る気泡と裏に出る気泡が分かりますので、その時に表に出る気泡だけ処理を行えば、気泡埋めの時間を短縮できます。

処理前です。
runamaria_suka-to1.jpg

runamaria_suka-to2.jpg

runamaria_suka-to3.jpg


処理後です。
runamaria_suka-to4.jpg

runamaria_suka-to5.jpg


今度は、他全パーツのゲート後、バリ処理が終わったらアップします。

テーマ:模型 - ジャンル:趣味・実用