ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

プロショップからのサンプルHGUCユニコーン(DM、UM)をインスト参考に作ってみました~(^_^;
y001.jpg

んで、宣伝用のポスターが来ました。
y0002.jpg
ガンダム G30th.ver.は超ドアップだったけど、今回は普通。
この大きさなら処理ミスなんて見つかるはずが・・・ん!?ゲゲッ
ってことで、画像は粗めでアップ(笑)

まぁ、とりあえずカサレで絶賛、発売中です。ガンプラは常時3割引~
http://www.kasare.com/kit/plamodel/gunpla-new/hguc-04/
ユニコーンのスミ入れにはガンダムシャーペンがお薦めです。
パチ組の人にはかなり最適かも。
http://www.kasare.com/color/marker/gundam_marker/gundam_marker/
↑このページの一番下にガンダムシャーペンあります。
ちなみに、ガンダムシャーペンは0.3mmという細さで、Bと2Bの間の濃さ(柔らかさ)で特注の芯を使ってたりします。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

う~ん、ついにMG作ります。
まさか俺が作ることになるとは(笑)
んで、こんなことを書くと知り合いはカサレに近づかなくなるんだろうな、と。
大丈夫、買い物や遊びに来たら、いつの間にかエアブラシ持って徹夜で
塗装してるなんてことはもうないでしょう、たぶん。

とりあえず、キットを見ての感想は
あれ?クシャトリアの方がヤバかった・・・?

粉骨砕身、頑張りますよ~

前回、持込納品行く前にふと空を見ると
asayake.jpg
あれ?、クリアーピンク系と白ばっか見てたからついに目がおかしくなった?
と、本気で思い数秒間、目をゴシゴシ・・・
ビット竜太が一言、朝焼けだろ・・・と

そういや白の塗装を長時間やると、どの白見ても同じに見えてくるのは俺だけ?



テーマ:日記 - ジャンル:日記

先程、薄い緑色を調色し終わった所です。
水性ホビーカラーH-50にH-24を少量混ぜれば完成・・・
しかし、H-50と同じ色はMrカラーにない(;_;)
一言「よもぎ色」って書けば調色簡単なんだが・・・う~ん
水性カラーは使いたくないしっていうか、水性ホビーとMr両方無いと
色々と困るだろうし、でも、似てるってだけでまったく同じ色じゃないから
正確な調色はできないし・・・
結局、5%って数字は使いたくないんだが使ってしまう今日このごろ。
Gカラーで探せば楽だけどドンピシャってのがないし、再販が
あまりどころかほとんど無いGカラーは模型店でも結構困った商品で
正直使いたくない。というか、水性カラー推奨でGカラー(ラッカー)使えってのは
如何なものかというわけでして・・・、水性派の方は困りますよね。
諸先輩方にこの悩みをぶちまけると、そんなので悩むのはお前だけとのこと・・・
皆が口を揃えて言うわけで・・・
まぁ、そんなこんなでユーザーと模型店、問屋、メーカーがニコニコ(^_^)になるような
素晴らしい調色ができないか?と探求中です。

水性ホビーカラーがMrカラーとまったく同じ番号、色になれば最高なんですがね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

好きなMSは?と言われれば、ジェガンと真っ先に答えるドレッサーTです。
HGUCジェガンがついに発売されたですね~、最高です。
パッケージの絵を見てカッケェ~と喜び、横の完成品写真を見てはホッと安心感を得る今日この頃でした(^_^)
で、中を見ると、なんか違う成型色・・・、ち、違うんだよぉ~と叫びつつ
まぁ、色塗ればいいじゃんってことで、インスト作例にそっくりに作ってみました(^_^;;;
jegun.jpg
jegun_u.jpg
色もインストの指定通りですが、本体色のグリーンだけ
Mr20…80%、Mr34…10%、Mr66…10%、Mr7…少量
という感じで調色してます。
最後にMr7ブラウンで整えるのが重要っす。

それにしても、ジェガンの緑色はカメラや印刷物によって全然違う色に見えるから難しいですね。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

俺さ、G30thを色まで塗って完成させる夢見てたんだよね。
その夢の中では、アンテナがフラッグ有り無しの選択式だったのに、今手元にあるG30thはフラッグ付のアンテナしか入ってないよ・・・
一応、両方のアンテナを作ったんだけど折角珍しくフラッグ無しなんてのがあるからって、そっちを付けたんだよね。接着してないから、両方付けられるんだけどね。
まぁ、夢とリアルじゃ話が違うぜw

で、関節はよく動くし、組み易いしコレはかなり良いモノですよ。
カサレで3割引で絶賛予約中です。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

いやはや、放置申し訳ございませんでしたm(_ _)m
近況ですが、新規事業を始めて多忙極まり、色々な方から死相がしてるやら、目のクマが上にも有ると言われて自分の顔が怖くて鏡が見れない今日この頃です。
床屋も行けないので、髪ボーボーです。

ちなみに、猫柳こんさんも巻き込んで、社員にしちまったもんだから、ヨーコ スペースルックver.の通販も当分延期ですm(_ _)m


そんなこんなで、今回は着色レジン部分の修正方法です。

修正用の材料はwave(ワーク)のポリパテ スベスベを使います。
http://www.kasare.com/material/putty/polyester_putty/
↑の下の方で売ってます。

着色にはマジックインキ補充液を使用します。つまり、ラクス本体もマジックインキを使用して
レジンに色を付けてたわけですね。
http://www.kasare.com/material/silicon/resin/
↑の一番下で売ってます。

で、スベスベは主剤が白、硬化剤が透明ですので、水着パーツの修正はそのままスベスベを使ってください。おっぱいに離型材(メンタムやらバリヤコートでもokですが、私はこちらのMr.シリコーンバリヤーがお薦めです。エアブラシ使えて離型も強力ですから)を塗って、水着(ブラ)をハメて穴が空いてる所にスベスベで埋めます。その時に瞬着混ぜておくと良い感じです。

r101.jpg
んで、ピンク(髪)と肌色の調色レシピは↓
髪=マジックインキT12桃色 2滴にたいしてマジックインキT6茶 1滴弱の割合です。
肌=マジックインキT7橙 100%です。

r102.jpg
r103.jpg

ヤスると若干色が薄くなりますので、上手く調節してください。

次の更新で、脚の付け根の接続方法を解説して終わりって感じです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

まずは、パーツチェックをお願いいたします。

ラクスラクスラクスラクス
ラクスラクスラクスラクスラクスラクス

1.後髪
2.前右髪
3.前左髪
4.髪飾り
5.上半身
6.水着上右
7.水着上左
8.紐後
9.紐右
10.紐前
11.紐左
12.結目下
13.結目上
14.結目上(予備)
15.腹
16.ピンクちゃん
17.水着下
18.ナプキン
19.右脚
20.左脚
21.リボン右
22.リボン左
23.サンダル上部右
24.サンダル上部左
25.サンダル下部右
26.サンダル下部左
27.かかと右
28.かかと左
29.足右
30.足左
31.留具右
32.留具左
33.抹茶アイス
34.コーン
・アイス包装用紙
・瞳シール
・木ネジ6本

以上となります。

尚、7.の水着上左パーツは全頒布品が下記画像の右下のようになっていますので、修正をよろしく
お願いいたします。中央の穴はバリ処理に失敗すると、このような穴が空きます。
bura.jpg
画像は後期ver.で若干塞がっていますが、その分モールドが余計に無くなってます。

明日以降は、各パーツでバリ、ゲート処理の困難な所、水着上部分の修正方法と上半身の右脇のシリコンが喰われた所の処理方法を解説して、組立に入りたいと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

モモカンの組立説明ですが、1ヶ月以上かかって申し訳ございませんでした。
基本的にはWHF版と同じ組立方法ですので、改良された点だけ解説していきます。
また、展示品では未塗装でしたが、やはり塗装した方が見栄えが良いと思いますので、一般参加者様が作られる場合、塗装をよろしくお願いします。ジャージの色、違うしね・・・

mm01.jpg
まず、ライン(腕、脚)の内側を組み込みながら、ピッタシにハマるよう削っていきます。
画像でいうと、赤線が引いてある側です。
mm02.jpg
ハメ込みが上手くいったら、瞬着で固定します。

mm03.jpg
バットは瞬着で固定しただけだと曲がっってしまいますので、金属線(真鍮線)を通します。
一度、バットとグリップを瞬着で固定して画像の白い矢印側のグリップからバットにかけて、ピンバイスで穴をあけます。太い径ほど良いと思いますが難易度も増しますので、自分に合った径で開けて下さい。金属線を入れるのが面倒な場合は、ドリル刃をそのまま金属線として利用するのもOkかと・・・
mm04.jpg
バットとグリップが固定できたら、右手をハメて蓋(グリップの底のヤツ)を瞬着で固定します。

mm051.jpgmm052.jpg
顔です。まずは、目のパーツを軽くハメます。画像のように隙間が空きますが、気にしないでください。
mm06.jpg
んで、力を込めて「バチン」と音がするまで押し込みます。
ここの設計は画像のように多少バリがあったり、多少の歪みがあってもしっくりハマるように設計されてますので、軽くハメただけで合わないからと削りこんだりすると全然合わなくなってしまいます。
目を外す時はペンチ等で外すと楽です。

mm07.jpg
口は軽くハメるだけでokです。

mm08.jpg
目にデカールを貼ったり、塗装される場合は、目を顔にハメこんだ状態で行うとヤリ易いです。

それでは、組立で何かわからないことがございましたらメール等でお気軽にお問い合わせ下さい。

#すいません、1/2ラクスの説明も続けて行う予定でしたが、結構複雑な解説になってしまうので
 明日以降、何回かに分けて行っていきます。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

2.ゲート跡、バリ処理

特に注意点は無いんですが、下2点の画像を注意するくらいでしょうか・・・
モモカン

モモカン


3.仮組、真鍮(金属)線

ダボに添ってハメ込みを行えば、問題なく組上がりますが、下画像のバットのグリップだけ注意が必要です。
グリップでゲートが小さい方が、丸い部品が付く側となってます。また、グリップとバット本体の接続のさいには必ず、グリップ側の中心に1mmの穴を空けて下さい。
モモカン


ボールや甘夏は両面テープで止めると良いと思います。

4.パテ埋め
仮組して、真鍮(金属)線で補強が終わり、見えるところに気泡が有ったらパテ埋めして下さい。
特に一番だめだめそうだったのは前髪でしたので、下画像の原型写真を参考にパテ埋めして下さい。
モモカン


5.表面処理やら、サフ噴きして、塗装

まぁ、後はDVDや、単行本等を参考に塗装して下さい。
目はアニメ第2話 『キャッチャーの役割』で、夜、阿部の手を握ってるアップのシーンが最も参考になると思います。「大丈夫、色々なことがわかるよ」ってな感じで。
ジャージの線はモデラーズのマスキングテープ2mmがピッタシです。

ではでは、頑張って下さい。
百枝まりあ モモカン
百枝まりあ モモカン

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

商品で記載してた通り、このブログにて製作説明をしていきますm(_ _)m

1.「パーツチェック」
全部で19パーツ有ります。まだ製作しない人もパーツチェックだけは必ずすぐに行って下さい。

・髪(2パーツ)
momokann

・顔(1パーツ)
モモカン

・胴体(1パーツ)
モモカン

・ジャージ上着(1パーツ)
モモカン

・脚(2パーツ)
momokan_p5.jpg

・腕(2パーツ)、手(2パーツ)
モモカン

・バット(3パーツ)
モモカン

・ボール(1パーツ)、デコポン(1パーツ)、甘夏(1パーツ)
モモカン

・靴(2パーツ)
モモカン


パーツチェックが済んだら次は洗浄と言いたい所ですが、百枝まりあには離型剤を使用してませんので軽く洗剤で油を落とす程度でよろしいかと思います。私は面倒なのでソレすらしませんが、心配な方はゴシゴシと洗うなり市販の離型剤落としでも使用して下さい。

明日はゲート、バリ処理から行います。
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用