ドレッサーTのガレキ製作記

日常生活や原型製作、PC製作、DQXに関する日記。

P1010113.jpg
本当はバンダイ製ジークフリードもきちんと塗装して組み込んだの展示したいと
思ってましたが、サンプルが本品でOKってことで断念しました。

では、今からWFに行ってきます~。
千葉県からアクアライン通って一度神奈川に戻ってから東京に行って
メンバー拾ってから、千葉の幕張ってコースなんで、基本前日に
出発なんですね…。


スポンサーサイト
P1010112.jpg
バンダイ製、1/72スケール VF-31シリーズの改造パーツとして
VF-31A 一般機カイロスを作ってます。
WF2017夏、つまり月末のWFに頒布します。
作ってますというより、そろそろ型取りする為に表面処理を始める所。

CADでデータ作成して、光造形3Dプリンターで出力、表面処理に
型取り複製って流れですね。あと、デカールも印刷します。
3Dプリンターは初代タイタンですが、フォーカス精度を格段に高めて
自作バットを使用しつつ本体にも若干の改造パーツが取り付けられて
光レジンも独自の調合品なんで、タイタンと言っても別物な感じです。

正直、本業で扱う数千万円の3Dプリンターで出力されたモノよりも
切削面で扱い易く、出力直後の精度は業務機と比べればカス同然ですが
サポート材の跡処理とか無いので結局、主にペーパーヤスリだけで
短時間で表面処理、超重要な嵌合の仕上がりが精度良く終わるので
現状、改良したタイタンの方が総合的に上だったりします。
最近は、本業で他所様から出力されたモノが手元に届くと、データ借りて
ウチで出力したモノを使いたいなぁって思ったりします(^_^;;;

ちなみに本業の完成見本と合わせてマクロスΔの機体4体同時進行に
なりましたが、死に物狂いで頑張るよ!
塗装してないパチ組ver.も展示したいなってことで組みたいのですが
それ用にサンプル確保出来なかったので抜き損じの中から見繕うか、と
探すがそもそも全パーツ揃って無く、とりあえず足りない部品をなんとか
生産出来ないかと考えてる最中にコレ発見↓
c3frag.jpg
シングルエフラグのクリア版、遊びで抜いたのではなく、型の構造ミスでの
気泡発見や加圧脱泡の具合をみたりする為にファーストショットを
自分はクリアで抜きます。
その時のがあったんで、これから組んでみるか、と(^_^;
間に合えば展示したいですね。展示台の準備とかその他雑用の時間が結構きつい…

1時間後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
って、完成しした(^_^;
黒シール貼りに一番時間かかって更に1枚失敗してしまった(^_^;;;
一度貼り位置間違えて貼り直すと粘着弱くなって厳しい。
レジンの収縮で若干サイズ(コンマいくつ)合わなかったりしてデザインナイフで
端を切るのも結構大変。
今から全力ですべての頒布品のシール枚数増やしてサービスしておきます(^_^;;;;;;
frug3000.jpg

更にパチ組シングルエフラグ完成~
ニッパーでゲート切り取って瞬着でくっつけただけです(^_^;
パーティングラインの処理くらい移動中の車内でやろうかな…
こっちの成形品にはシールがドンピシャでサイズ合ってました。
クリアレジンとでは収縮率が違うってことだったんですね。
patemori-frug.jpg

では、キャラホビに行ってきまーす。
greko-pkg.jpg
1/144スケール、シングルエフラグパッケージです。
正式なロゴ使いたいんですが使用が禁じられてるので、普通のフォントです(^_^;
1/6百枝まりあや1/48ビズィークラブにも使用した結構頑丈な箱の上に更に箱を
被せて作ってるのでガンプラの箱より数倍強度があったりします。
昔、ゲゼ(ガンダムZZの)を頒布した際に作ったパッケージと同じ手法です。
あの時はHGUCのパチモン度が高過ぎて朝のチェックの際に実行委員会の方が
販売許可を出すべきかどうかちょっと迷ってました(^_^;
売り切れた後、買えなかったお客さんにどうしても欲しいんです!
このパッケージが!!と言われた時に中身はどうでもいいのかと
かなりショックで今でもトラウマだったりします(笑) あれから11年経つんだなぁ・・・

greko-nakami.jpg
中身です、パーツをA~Dの部位に分類して小分けしてるのでパーツのチェックが
やり易いです。というか、自分たちが箱詰めの際にミスが出ないようにとの為だったり。
商品1セット分を生産するごとにすぐに箱詰めしてるので、パーツが他の箱に紛れたりとか
まず無いですが、念の為。

g-reko.jpg
とりあえず、ショーケースの中に積んでみた。
こうすると、より一層と商品って感じがしてきます。


完成~って言っても生産は終わってないし、取説も出来てないので
商品としてはまだまだですね。最近はイベント前日に原型が完成して
当日、無理矢理に型製作や生産にパッケージや取説を作る為
取説なんて部品のチェック表でしかないので、今回はゲートの処理位置とか
細かい所まで親切な取説作りたいなぁ、と。

Gレコ ガレージキット シングルエフラグ
greko-single-f-rug.jpg
shinguru-efuragu.jpg
緑の色味はブルーレイの資料等の設定画と映像の色ではかなり違うので
折衷案でこの色。パーツはカラーレジン仕様の恩恵って言うんでしょうか
色ごとに分かれてるので、色が気にくわない方は気軽に塗装して下され(^_^;
コクピットの窓は、画像の完成品は塗装してますが頒布品には
スモークブラックフィルムシールを付属します。塗装派の人達には
要らねえよと言われそうですが、マスキングテープの代わりにもなるので
凄く便利です。カッティングデータは完成品の塗装をする時にマスキングテープを
カットする為に作ったものなのですでに出来てて、あとは材料のフィルム待ち。


HGカットシーと一緒に記念撮影
catsith-single-f-rug.jpg
c3-hobby-single-f-rug.jpg

ランディングギアやタラップは差替というか付けたい時に付けるだけ。
ちなみに、画像の完成品は後でバラさないといけないので元々のダボと
両面テープだけでくっつけてます(^_^;その為、コンマいくつの隙間が生じてるんで
瞬着や補強に金属線使えばもっと引き締まった感じになるかな???

あと、砲身と砲塔は可動します。


パッケージも無事に申請許可下りたんで一安心
gunpla-single-f-rug.jpg
初回でここまで準備出来たのはディーラー人生15年で初めて…だ。
1/2ルナマリアや1/6モモカンとかもパッケージや取説に力入れられたけど
再販からで、初回は凄くグデグデだったなぁと。
シングルエフラグはネタ的に再販って考えは無いから(^_^;;;
今回で完璧なの目指さないと。

あ、頒布価格は3000円です。よろしくどうぞ~
singleefuragu1.jpg
色分けでパーツを分けてあるので嵌合が凄い厳しい。もちろん、カラーレジン仕様です。

で、タイタンで出力したのを嵌合や反りを直したりとヤスったり削ったりの最中。
作業にちょっと飽きてサンプルで頂いてたHG カットシーを組んでサイズの再チェック。
カットシーじゃないけど他の機体でサイズ調整しながら出力してたんで良い感じ。
来週中には原型終わらせるぞ!とテンションアップしましたが、その後に
打合せというか卓代と版権代を持って来たメンバーが請求書の一覧観ていて
このエフラグどう考えても安すぎるの一言で重大ミス発覚。

そのミスとは、コレ、3000円で頒布(笑)

このブログ読んでディーラー参加の経験ある人は「本当にバカだこいつ」って
唖然としてるんだろうな…
あれ?どうしてこうなったというより、なんだか俺の版権料は微妙に安い感じ
してたとかより、まずは原価計算。
「大丈夫大丈夫、こいつ薄いからシリコーン代とか安く済むよ」の一言に
メンバー達は哀れみ混じった苦い顔…
デカいよ、厚いよ。いや大きさからすれば絵の通りで薄いんだけどさ…
先端のコクピット下部分なんてHGカットシーの胴体くらいの大きさだ。
元から人件費や参加費の概念無いパテもり蕎麦だけに、純粋に赤字だ。
一応、パーツをまとめないで型数増やしてシリコーン量減らすのと
パーツの大きさ利用してアンダーゲートと同様の効果があるトップゲートで
とか焼け石に水だけど手数増やして頑張るかみたいな…。
カラーレジン止めればとの意見もあったが、インク代は微々たるもんだし。
まぁでも数千円か。それよりも高い金額出して買ったホワイトレジンが
本末転倒になるのはやだなぁ、と。今まではウレタン技研さんのご厚意で
アイボリーもホワイトも同じ金額で卸して頂いてたんですが、6月に
ウレタン技研さんが業務を終了されたので、今回から違うレジンなんですよね。
中身は変わらないって言えば変わらないんですが、金額違うんすよね。

でも、このシングルエフラグはカットシー乗せたい!と同じこと考えてる人達に
組んで貰いたいっていう衝動から作ってるもんだから、配るって感じで
キャラホビというお祭りを楽しむものとして考えればいいのかな、と。

もう材料は揃ってるから作るだけだし、売れ残ったと思えば なんてことは
テンション下がるんで絶対に思わないっす。
むしろ、申請数全部ちゃんと作って、全部売り捌いて完売という勲章掴む為に
安い金額に設定したんだということにして気合い入れていこう。
昨日はGレコメカ2体を納品。そして今日がキャラホビ2次申請の締切だったりします。
納品時にお仕事を頂きましたが締め日聞いて最初は思わず断ってしまいました(^_^;
いつもはお仕事断るなんてとんでもないことしませんが、さすがにその時点では
申請予定のズゴッギーとシングルエフラグの部品一片すらこの世に存在してない
状態だったもんですから…
でも土日で終わりそうなんで考え直してお仕事頂きましたが。

というわけで昨日、光造形機タイタン稼働しました。で、今日の朝4時くらいに
↓ズゴッギーの部品が画像の分ですべて出力終了。出力できる範囲狭いので
ガンダムシリーズの1/144スケールでも数回に分けてという状況です。
zugo0.jpg
スピード優先で、XY50ミクロンでZは100ミクロンで出力しました。
メーカーさんからのお仕事で触れてる光造形と比べたら、コンシューマな
マシンでしかもスピード優先&失敗しないように極太ランナー付けた光造形は
かなり厳しいかなと出力前は思いましたが、実際に出力品触るとびっくり。
かなり良い、想像以上の出来映えで本当にびっくり。極太ランナーも
サポート材を除去した面の表面処理に比べれば、全然問題ないし。
出力範囲はこれ以上狭くしたくないのでXYは50ミクロン固定で、Zはもっと
細かくしたいけど出力時間考えるとこれでも良いかなって感じになってきました。
ただ、出力の精度が一定しないので細かいモールドが潰れたりする時があります。
1次原型としてと捉えると問題ないですが、出力品を磨いて彩色して展示品として
使うとしたらダメっすね。
マシン本体、レジン等の材料が業務機より1/10以下の金額で手に入るので
安価な一次原型製作機として捉えると抜群の働きをする光造型機です。

今からシングルエフラグの出力と、ズゴッギーの組立&サフ噴きですね。
え?磨き?、磨きはどうしようかねぇ…(^_^;

仕事と趣味の製作もGレコ三昧。最高に嬉しいっす。
パテもり蕎麦 with 香銘の卓に来て頂いた方々、ありがとうございました。
ブラッドサッカーは凄まじいほどの速攻な完売に驚きました。
次回は大幅に改良して出したいなぁと思ってます。
価格は据え置きでなんとか頑張ります。
ではでは
積もりましたね>雪
作業場の玄関前の道路は日が当たらないので当分、雪が溶けないんだろうなと思う。

現在、製作関連のお仕事中です。WFで出す予定のブラッドサッカーにまで
手が回るかどうか微妙な感じ。
頑張ろう・・・
来て頂き誠にありがとうございました。

ブラッドサッカー、販売中にも提示してましたが、型の腹部のライト土台部分や軸穴の
シリコーンが破損して余分なレジンが付いた状態のパーツが入ってる商品もあるので
頒布価格を2万から1万5000円に下げて販売させて頂きました。

WFでは、降着ポーズ出来るように改良して出品したいなぁと考えてます。
あと、完全に色分け目指して頑張ります。