ドレッサーTのガレキ製作記

日常生活や原型製作、PC製作、DQXに関する日記。

現在、カサレで運用中のコンピューターで
「しらね」、ポンプ(Thermaltake P500 PUMP)1台故障、HDD容量不足残り98GB。
「たちかぜ」、水枕(EKWB EK-FC590 GTX water block)1台水漏れ故障。
「吾妻島」、SSD容量不足残り95GB。
艦風に言うと「しらね」は片舷航行中、「たちかぜ」は水漏れ浸水、区画封鎖中。
という感じ。「吾妻島」はミサイルの置き場所無くなったって感じ。
海自関係者以外には凄く解りにくい例えだな…

主力3機が不調や容量不足になってきたので、今来てる急ぎ仕事が終わったら
復旧と改装してやろうと、「しらね」「吾妻島」にSSD960GB×4枚注文。
買ったのはADATA SU650 2.5インチSSD 960GB 19800円。
安いです。自分とADATAの相性は結構良いので、迷わず購入。
6、7年前に買った64GB USBメモリがまだまだ現役運用中です。
ちなみに安い理由はDRAM無いからということらしいが、Cドライブで使うこと
ないので、あまり気にしない。レベルセルがTLCとかなのかなと思ったが
情報一切無し3D NANDってのはTLCで良いのか???。
自分の感覚だとSLCが高級でサーバ機等に搭載、MLCがコンシューマ用で安価
だったのだが、今ではSLC何ソレ?、MLCちょっと高級品、TLC一般用で
これから更に耐久性悪いけど安価なQLCってのが出始める感じらしい。
CPUやGPUにあまり大きな変化が無いなか、SSDは凄く変わってた。
勉強しないとついてけない。

「たちかぜ」はかなり豪華に近代化改修決定。水漏れ修理がついでに扱い。
CPU、メモリ空冷、GPU水冷だったのを全部水冷化。
メモリ用水枕にEK WaterBlocks EK-RAM Monarch、CPU水枕に
aquacomputer cuplex kryos NEXTを注文。全部EKで揃えたかったけど
オリオさんに1155用の在庫無かったのでaquacomputerに。
水枕に温度計付いてるけど、箱の蓋閉めるから試運転の時以外は
まず見ること無いだろう。EK直営には1155用水枕の在庫あったんだが
スロベニアから輸入するのは面倒くさいってのがあってね。

あと、「しらね」は今のザクみたいな外にチューブ剥き出しから
ジムみたいに内蔵したいなぁって感じで5インチリザーバー等も検討中。
こちらはもう少し詰めてから注文したいなぁってことで。
ポンプは揚程が3.2m以上あれば良いので結構色々と種類が選べる感じ。

う~ん、楽しいぞ。PCと模型は企画段階が一番楽しい工程だ。



スポンサーサイト
DQXの運営さん、失望した…
dqxnihonngodame.jpg
基礎会心率3%を期待して1.2%だったのは、まぁ仕方ないと
すんなり受け入れられたけど、片手剣には「アップし」で短剣には
「少し上がり」って表記してて、なんで片手剣基礎会心1.2%で
短剣基礎会心には1.5%も付いてるんだぁ!!!!!!!!!
もうね、なんかね、心引き裂かれました。
前情報出すんなら正確に出そうよ…、武器の説明欄コピペするだけで
いいじゃねえか!それならこんな期待はしなかったし…。
こういう所から普段抱えてる微妙な不満も爆発するもんで、ちょっと
吐き出しておこう。DQXは変な日本語や凡ミスが多い。
・釣り道具も太鼓リールでスピニングリールみたいなことしてるし!
・タイタス号は港に係留されて停泊してるのに錨降ろしてるし!
・仕草でボラード踏むな!腰掛けるな!(あと運営はボラードという
言葉を知りません)
・仕草の敬礼、挙手の敬礼って表記しないのは仕方ないとして
どの種族もことごとく駄目な敬礼の見本じゃねえか!!!
あと海軍式も追加しやがれ!ちゃんとした挙手の敬礼でな!
・ロクサーヌは…、約40年前に間違って伝わった変なポーズ
は止めたほうが良いと思う。かの国は伝統って言ってるけど大嘘だからね。
あ、なんか話がヤバい方向に行きそうだからもう止めておこう。

で、アカシックソードの会心最大値はまだ億単位の値段なんで
3000~5000万Gくらいになったら買おうとおもう。

20180530-1723_435951887.jpg20180530-1723_435951653.jpg
ver.4.2、ごうけつぐま系でました、画像はシルバーベアだけど。
昔、DQ3リムルダール周辺でグリズリー?をレベル上げの為に
狩りまくってた記憶が甦りました。…30年前だ。

20180531-0245_436050515.jpg20180531-0236_436049930.jpg
パラ魔構成が本当に好きだな、と思わせるボスばかりでした。ツマラン
バックで筋肉達が踊ってます、なんだか昔の格闘ゲームを思い出しました。

手持ちのゴールドはようやく1億Gになりました。
セイクリッドソードでも十分に戦えるので、アカシックソード買わずに
ゴールド貯めてくのも良いかもしれません。
そして、そのまま興味が無くなってDQX止めるのかな?と思ったり。
宝珠のレベルも忘れ去られてるし、レベル100から105も凄い微ステアップ。
次のver.アップでもステータス成長しないと本気で冷めるかも。

でも、そんな事言いつつ青銅の剣転売で金額はしょぼいけど50万G程
稼げたので、結構気分良く満足だったりしてる(^_^;;;
20180221-2018_422333754.jpg
うおぉぉぉ!
ドラテン専用のブログを徘徊中、かなり信憑性の高い会心率の計算方法を
検証して教えてくれてる所を発見!

(1.0+((きようさ-30)*0.006))+各会心UP率=???

らしい。自分は過去のDQシリーズから会心率の初期値は1.5って
思ってたんだけど、DQ10は違うらしく1.0。DQ10を踏襲してるDQ11は
この計算式を匂わせる記事が攻略本に載ってるとのこと。
また、きようさは450辺りがキャップで100=1.0との噂が高かったんで
過去にそのような計算をしていたのですが…。
そのブログ検証の結果、きようさ730くらいでも会心率は上がるので450で
キャップというのは間違いだったわけで…、う~ん、きようさ480くらいから
上げて無かったよ… シクシク
つうわけで宝珠入れ替えたり、不思議のカードできようさを503に上げて
再計算してみました。

(1+((503-30)*0.006))+1.2+2+2+1+1+1.7+1.7+1.7+1.2+1.7+1.7+1.7+2+
0.5+0.5+0.5+1.2=27.138

う~ん、27.138…。今までの計算方式だと28.3だったので非常に残念。
スマポテ(2.2)食べても29.338と30に届かず…、残念無念。
不死鳥天舞ⅢからⅡにして、かいとうの仮面を装備すれば27.836になり
スマポテ(2.2)食べて30.036とギリギリ30超えますが、会心率0.7%上げるのに
戦闘力が大幅にダウンしてしまうので断念。
ということで27.138の会心率で納得しておこう…。
ちなみに各会心率は合計して出してますが、実は合算した値で
抽選してるかは謎で、もしかしたら各値毎の抽選の可能性もあるわけで コワッ!
いやまぁ、それでは凄く残念な値になるのと計算面倒なんで、そんな事無い!
って強く思っておきましょ…。

明日からスタートのVer.4.2で登場の新武器片手剣、アカシックソードは
会心率がアップし、攻撃力アップ時間も延長ってことで基本能力値に
会心率が付くわけでしかも、少し上がり等の表現ではなく「アップし」なので
これはもう、3.0くらいは付けてくれるんじゃないかと期待中。
実は前回のアンケートで片手剣に付いてる基礎効果会心率1.2(現在装備中の
セイクリッドソードが1.2だった)では悲しいからハンマー(スカルブレイクの3.0)と同じ
3.0くらい付けてくれって、お願いしといたのでした、フフフ。
運営さんが俺の夢と希望と願いを受けてくれてたとしたら、アカシックソードは
基礎効果に会心率3.0が付くはず!それの会心最大値を買えば今のセイクリッド
6.3から8.1へと大幅会心率アップになる!!!
そうすると総合会心率は28.938となるわけで、キリ良くすべくあと0.062を
きようさで上げないとだが11あげれば素で29.004か。レベル上限も100から
105になるのでレベル上げ+@で会心率29になりそうだ、ククク。

頼むぞ、アカシックソード!!!、運営様!!!
明日、アカシックソードの性能知ってがっかりさせないでくれよ!!!!!!!!
会心率アップの為に6000時間以上かけてんだから!!!!
nikugan_FRONT.jpg
結局、表面処理はそこそこにサフ噴きで終了。
表面処理の粗い所見られたくないんで肉眼サイズの画像です。

ハーケンランチャーは差替で発射シーンが再現可能、各関節は
フリーポーズになっているので色々なポーズが楽しめます。
0.3~0.8mmの軸打ち出来る人なら可動モデルにも出来ます。

あとは版権許諾待ちですね。
DCIM0014.jpg
日曜日中には出力終わらせたかった、あと数時間で全部終わりそう。
そのまま表面処理、出来れば塗装までしたいけど…。
申請にはサフ状態でも良いので、塗装はしないと思いますがノリ次第か。

頑張ります。
FRONT.jpg
これから光造形で出力って所まで進んでます。
日曜には出力終わって、月曜には磨きと塗装終わらして申請出来るといいなぁ…。

3D設計ではいくらでも精密に作れるけど、物理的に1/144スケールでどこまで精密に
できるかっていうのがポイントですね。このCGの角度では判りませんが
取っ手部分はすべて埋めてあります。
ヘルダイバーの肩の取っ手部分もほぼ凸ディテールみたいにしましたが、そうするなら
最初から付けずに平らにしておいて実際に作る人に金属線で作って貰っても
良いんじゃないかという考えもあります。
でも、こんな小スケールの取っ手を金属線で再現出来るレベルの人なら余計な
ディテールを消すくらいどうってことないかと思い。そういう工作しなくても
パッと見それらしく見える方が様々な人に受け入れて貰えるかなぁと
考えて、取っ手に見えるディテール付けてます。
実際の商品には脚のシリンダー部分は金属線付けてとか、カメラ部は
挑戦はするけど絶対にディテール甘くなるなぁとか思ってます。


仕事は週明けすぐの納品が一体あるだけで、ようやく一段落つきました。
今年は今日まで少なくて2、3件、多いときで4、5件同時進行だったので
ホッと一息ついてる感じです。
と、言っても仕様含めた資料が一切来てない状態なので掛かれないのが
2件待機してますが…。
しかも内一体はSD。最後にSDやったのは、この仕事をやり始めて2作品目
のエクシアリペアⅡでした、あれから9年。
それを最後に実は9年間一度もSDやってませんでした。というより、SDは
無理ですと当時のブローカーさんにお願いしてこちらから避けてたんですね。
今は直受けで頂いて5年目なんで当時の密約はもうとっくに無くなってるけど
その間SDの仕事は無かったのです。
猫柳こんさんと二人がかりで作ってても全然終わりが見えない、「これ
納期間に合うか???」と恐怖で一杯だった当時のトラウマが甦ります。
組立玩具として、つまりパチ組で言えば難易度は
SD→HG→MG→PGの順で難しくなっていきますが、模型としての難易度は
PG→MG→HG→SDになります。作品の見栄えを左右するマスキングの量と
難易度や合わせ目消し等の量の順と言うと判り易いでしょうか。
PG、MGは部品点数の多さが大変ですが、これは根気の問題でしょうか。
また、趣味で作る場合は肉抜き穴等、パテやプラ板で塞いで作るので
問題ない部分も完成見本ではそのまま(プラモデルとして必須の作業である
ヒケ、ピン跡、パーティングラインやウェルドライン、合わせ目消し、塗装だけを行って
お客様に商品の仕様を知って頂く為の見本だから)なので、肉抜き穴の
奥に有るピン跡消しが非常に時間掛かったりするのです…。
ちなみに完成見本ではスミ入れに主に黒を用いますが、これは「ここに
ディテールやスジ彫りなどがありますよ、お客様」と目立たせる為の線引き
なので実はスミ入れでは無かったりします。なので、スミ入れに関しては
お客様にはちゃんと影色等を作って流し込んで貰いたいなぁと思ってます。

でも、エクシアリペアⅡから10年目の今、俺の腕と精神力がどれだけ成長したか
感じる良い機会と思って頑張ります。
ちなみに、納品日にパーツ割れても「へーき、へーき」、メインカラーの色が変わって
塗り直しになっても「らくしょー、らくしょー」とニヤリと出来る強靭な精神力を
身に付けてる俺ですが、今回のSDを見た瞬間、「やべ、…なんでSD?」って
ポッキリ心が折れました。ので、猫柳こんさんにC3に出すアイテムの製作状況等の
近況を聞きつつ人員確保の電話いれた所「モモカよりアヤメが作りたかった」
なんて言うので、じゃあ代わりにアヤメの乗機を作りましょうよ、来たから…って
言うと震えた声で「エ?なんでSD、ア、そういう括りか!、絶対やだ!」と断られた。
即答だった…。

P1010311.jpg
DQMM終了しました。戦績はこんな感じ。キャラはランスです。
最終的なアクティブな人口は100人弱でした。
月額料金500円なんで、最後の数ヶ月は5万~10万円程の売上か…。
3年前くらいには人口500人も居なかったんで、サーバ維持費や人件費を
考えると、ずっと赤字だったんだなぁ…。
スクエニさん、マジ感謝。
DQXも是非、10年以上頑張って欲しいと思う今日この頃。
DQMMトーナメントの結果は、ベスト4でした。
私に勝った方が決勝では余裕で勝って優勝してたのが、まぁ救いかなと。
最後のトナメ殿堂入り果たしたのは凄く記念になることだけど
あと3日でそのデータが見えなくなるのは、なんか残念。
忘れないように、殿堂入り画面を写真に撮っておかないと。

丸々8年やったDQMM、終わるときはまぁもういいかな、という気持ち。
DQXもサービス終了する時は、今のような気持ちになってんのかな…

DQXカテゴリーに入れたけど、携帯電話で2010年からやってるDQMM
ドラゴンクエストモンスターズモバイルって奴です。
このゲーム、サービス開始は2006年からなんですが、今月末でサービス終了します。
月一回、初級、中級、上級の内どれか一つの級から各ブロックの予選を通過した8名が
本選で戦う仕組みのトーナメントバトルがあります。
このトーナメントで優勝するというのはかなり困難で、過去に初級で本選出場を
果たしたものの一回戦敗退でした。
そして約12年続いたDQMM最後のトーナメントバトル、なんと上級にて
本選出場出来ました。マジで涙もの。しかも一回戦突破、明日は準決勝。
勝てるといいな…。