ドレッサーTのガレキ製作記

ドレッサーTの日常生活や原型製作、PC製作に関する日記。

ということは仕事が沢山来てるということで、良いことかな、と。

最近気付いたんですが、ネットで新製品発売の流出をチラホラと見掛けるけど
自分の関わったモノは一切出てこない。正式アナウンス流れるまで
ビックリする程その単語は出てこないです。いや、当たり前のことなんだけどね。
そう考えると新製品発売のネット流出元って・・・とか思わず考えてしまう今日この頃。
監修用に撮影した試作品の画像とかブログにアップしたらアクセス数とか少しは
増えるのかな?とか思ってしまうこともあったなぁ、やったら二度と仕事来なくなる
と思いますが(^_^; でも、ここのブログって見てる人ってそんなに居ないと思うし
何事無くスルーされそうだ(笑)

PG ユニコーン、カサレで予約取り始めました。それなりに予約の数が
来てるんで非常に嬉しいです、久々の一般販売品のPGだし。
とりあえず、LEDユニットのことが気になってます。既存のLEDユニット
30個使うとなるとボタン電池30個必要になるし、さすがに電池は一個か
二、三個でまとめてLEDを光らすって感じが良いと思うんですが・・・
この辺りは11月21日の詳細発表前でも、先行アナウンスと同時に詳細
知りたかったですね。



FC2 Management
2015冬WFの参加が確定しました。久々のWFです。
当選しましたなんて書くと抽選なんてしてたの?と思われそうですが
一般ブースでの参加なんで抽選とかあったかどうかわかりません。
ただ、18禁ブースはキャパの問題で抽選が毎回あって、2連続で落ちて
2014年は参加出来なかったんで思わず当選しましたって感じです。
2001年からずっと参加できてただけにちょっと悔しかったですね・・・
今後は抽選怖いから18禁ブースでの参加は無いと思います。
そもそも、パテもり蕎麦って18禁!!!って言える程のエロフィギュア出してないしね。
エアコンが効いてて快適ってだけで18禁ブースに居ただけだったという・・・
で、自分はキャラホビで出した1/20ブラッドサッカーを改良して出す予定です。
完全パチ組での可動確保とアームパンチ、降着姿勢が取れるようにしたいなぁ、と。
あとクリアパーツにも色付けないとね、クリヤーピンクとか。
それでルミパウダー混ぜて光らせるのとか。複製が地獄だね。
P1001589.jpg

玩具模型の彩色見本、試作の仕事は4月から本業としてスタートして
約半年経ちました。副業の時から命がけで納期ギリギリまで真剣に
すべてを出し尽くすスタイルだったんですが、今も変わらず・・・
予算に合わせたクオリティをとか不器用なんで正直できない。
もちろん、依頼側から商品価格に合わせたオミット指示がある場合は
その通りに動いてますよ。
知り合いの同業さんからは納品のレベルが上がるから止めなさいなんて
叱られますが、そもそもそんな高尚なレベルに到達してないよなぁ、と。
全力でやっても及第点的な感じがいつもしてます、その辺り凄い不安。
仕事件数はそこそこと言った所でしょうか、もう少し件数増えないと
普通の生活できないので、今後もずっとは続けていけない感じです。
ただ、担当させて頂いた年末商戦用のプレゼン用試作品が企画通った
ご褒美として、その企画絡みの大きい仕事を頂ける予定なので
その報酬で来年分の経費確保ということであと一年は続けられそうです。
そういや海上自衛新聞に載ってたんですが、27年度予算で予備自衛官
を採用してる企業は予備自衛官一人につき10万円の税金控除の制度が
できる予定だそうで、これが実現すれば自分でも雇ってくれる企業が
あるかなぁなんて思ったりして・・・、サラリーマンで試作関係の仕事は
副業とかだとそこそこ食っていけるのかなぁ・・・


来て頂き誠にありがとうございました。

ブラッドサッカー、販売中にも提示してましたが、型の腹部のライト土台部分や軸穴の
シリコーンが破損して余分なレジンが付いた状態のパーツが入ってる商品もあるので
頒布価格を2万から1万5000円に下げて販売させて頂きました。

WFでは、降着ポーズ出来るように改良して出品したいなぁと考えてます。
あと、完全に色分け目指して頑張ります。
P1001588.jpg
型抜きの真っ最中です。濃い黒と赤、カメラアイやライト部の透明が
なかなかいい感じに出ました。
画像、ボケてますね(;_;) 頭部のモールドが見えない・・・

1/20スケールのブラッドサッカーは高さ約21cmほどですが、ボリュームは
ガンプラPG並です。でかい・・・
加圧脱泡の鍋の大きさに合わせて型作ってたら、型数13個に・・・
まだ出来てない型もあるので、結構厳しい状況です。
当日はなんとかパチ組くらいは展示できるかどうかって感じです・・・

頑張ります。
キャラホビ用の1/20スケール、ブラッドサッカーの原型も進んでますよ、とフォロー(^_^;
形自体は出来てるので、出力時間短縮の為に真っ二つにしたパーツの合わせ目や表面処理だけ
なんだが厳しい。型抜きの際に離型剤を使いたくないので、裏面もきちんと処理しないとダメな所が
凄い面倒。同業者さん達の間で地獄と称される某M社さんのレジン品みたいに離型剤バンバン
使ってれば現状でも問題ないんだが普通に塗装出来なくなっちゃうし…
表面処理してると、掃除するかとか、釣り行くかとか、WSの性能強化すっかとか色々逃避行動に…
bskarikumi.jpg
カラーレジン仕様だから、塗装のこと考えなくてもいいかとかは絶対思わない、はず(^_^;;;

で、7月は江ノ島、早川港、湯河原海岸、城ヶ島、平塚漁港(相模川河口付近)、江之浦漁港
横須賀海辺釣り公園、横須賀うみかぜ公園、横浜臨港パーク、須賀港に行きました。
その間に、胴突きのチョイ投げからヘチ釣りに釣り方が変わってました。
当然、装備も一新してスピニングリールからタイコリールに、竿も超短竿に。
釣果は散々、いつの日かクロダイ釣って食べたいっす。
そんなこんなで釣りしてる時の水中が見たくて、水中撮影カメラ一式を購入しました。
海が澄んでて釣りになんない時は、これでガツガツ水中撮影すっぞ。
早速、夕方にテストとして相模川で撮影しましたが、SDカードを入れ忘れる大失態を・・・
慌てて買ってきたけどすでに日は落ちて画面はシロクロに・・・
日が昇ってた時はカラーで色んな魚が映ってて楽しかったが、日が落ちて光量が
少なく視認距離も取れなくなると魚発見するのにも一苦労、そんな中
今では天然記念物になってるヨシノボリさん発見!
s001.jpg
水深1mほどならノーマルの光量でもカラーで映るけど、それ以上はかなり辛い。
LEDライトを追加装備にカメラ部の姿勢バランスを上手くとる方法考えないとなぁ・・・


丁度、仕事が途切れたので海釣りに行って来ました。
江ノ島、早川港と二ヶ所行きましたが、釣れたのはネンブツダイだけ・・・
餌を大量に取られて悔しいのでネンブツダイを食すことに!

鱗取って内蔵取ってまでは普通の魚なんですが、頭落とすと
食い残しの魚の尾っぽみたいな感じ。
P1000895.jpg

このあと唐揚げにして食べましたが、まぁ普通に美味しい。
今後はネンブツダイも釣れたら持って帰って食べるっす。
P1001467.jpg
というわけで頑張って製作中です、ブラッドサッカー。
何気にデジタル造形です。でも、大元はアナログ、最終的にもアナログで
製作されます。シンメトリーと表面処理、エッジ出しをデジタルでやって
貰おうと2年くらい前から思ってたんですが、コンシューマな3Dプリンターでは
というかフィラメントが材料な時点で表面処理が地獄というのがありまして・・・
去年製作した赤座あかねさんのように、粘土からレジンっていう古来からの
技がありますが、シンメトリーは自分の技量以上は出せないので・・・
要は精度の良い光造形出力をご厚意で原価+@で出して頂けるから出来る
わけで・・・、欲しいですね光造形3Dプリンター。
2年くらい前に買ったrapmanでは正直厳しいです。
で、すでにプレゼン用試作のお仕事で、この手法を使って製作させて頂いた
経験があって結果は上々でした。

キャラホビに向けて頑張るぞ!
「あの塗装ブースの構造だと風が邪魔で塗装し辛くない?」
と聞かれたので、こりゃいかんと詳しく説明です。
説明下手なんですいませんね(^_^;

P1001440.jpg
塗装する場合は上に設置したアクリル板の下に入らないように塗装します。
送風機の風が塗装エリアの方に広がらないように調整して
アクリル板の下を通過するようにしているからです。
この辺りは各自で購入した送風機によって色々と調整が必要です。
風が通過しているエリアの手前で塗装することにより
ホコリの引き込みを防ぎ、塗面に付着できなかった塗料は粒子となって
風に巻き込まれてフィルターで絡め取られます。

ただ、この構造が可能なのは自分の設定してるエア圧が通常1.5気圧以上
細噴き時でも1気圧は出してるからというのと、0.3mm口径で塗面までの
距離が1cm~2cm、0.6mm口径でも10cmは離れないという特殊な塗装
というかかなり特殊な溶剤使ってるからでしょうか。
揮発が速すぎてかなり使いにくいのですが、極めると塗装直後に触れる
速乾性と薄い塗膜と強力な隠蔽力、短時間での塗装、光沢~ツヤ消しの調整
ができます。自分のエアブラシにトリガーが2本だけ(ほとんど使ってない)
なのは指が疲れる前に塗装が終わるからというのもあります。
最近発売されたクレオスさんのラピッドうすめ液が速乾性でいうと
自分の使っている溶剤と凄く近いので興味ある方はいかがでしょうか?
一応念のために発売前のホビーショーでクレオスさんの営業の方に
聞いておいたんですが、ツヤ消し専用と表記されているのは
一般的な塗装距離ではツヤ消しになってしまう為だけのことで
近づいて塗装すれば光沢や半ツヤにもなるので使いこなせれば便利ですね。

P1001433.jpg
リューター使用時にも使えますが、この場合は風の中で作業します。
欠片や重い粉は下に落ちるので作業終了時に拭き取るとか掃除機で
吸うとかして掃除すればOKですね。

今回の移転先が一軒家で住宅地でしたので、外に粉は絶対に排出しない
という意気込みで3層の交換式フィルターを自作しました。
たぶん、塗装中に何回かフィルター交換するようになるんだろうなと
今からちょっと鬱。

P1001436.jpg
塗装ブースに使用したのは高須産業さんの窓枠換気扇です。
画像のはWSルームに正しい使い方で設置した同じ換気扇。
塗装ブースを使用しない時は窓をきちんと閉められるので
窓枠用は便利です。ただ、塗装ブースとして使う時は本来上に
設置するべき所を下に設置するため、逆さまに設置することになり
窓枠によっては取付に一工夫必要になるかもしれません。
高須産業さんのは吸い込みの力は弱いので、上に設置してダクトを
通して吸い込むというのは無理があると思います。

また、作業部屋を密室にした場合は空気の吸引口が必要になります。
密室状態で空気を排出だけしていると吸引力が弱まりというか
排出が機能しなくなります。まぁ、そんな凄い密室が作れたら
もうクリーンルーム作っちゃえよと言いたくなりますが。

P1001435.jpgP1001432.jpg
塗料を入れたりする時に一時的にエアブラシを置いておける
スペースがあると結構便利です。本来、レギュレーターを設置する
丸枠はエアブラシがサッと置けるのでかなり便利。
エアブラシの本数が多くなると、メタリックやホワイト、クリアー用と
用途別に使い分けると塗料入替時に掃除が不十分でもなんとかなります。
というか、メタリック色使用したあとに通常色使うと掃除が大変どころか
怖くて使用できません。
最近、アネスト岩田さんのエクリプスというシリーズのエアブラシを
購入しました。コラーニのように内部の管がノズルになっていて
取り出して掃除できるので大変便利です。
ちなみに、waveのアドバンスやHGスプレーワーク、エクリプス等の
プッシュボタンをすべて、使い易いHGⅢスプレーワークのと交換しました。
なんか、エアブラシのパーツ交換ビルドが自分の中で流行ってます。

エアブラシに名前付けたりする時、画像にある本来LANケーブルに使用する
LANタグM-30、便利です。秋葉原の愛三電機さん2階上がってすぐ左手側で
売ってます。エアホースに付けるときはLANケーブル固定用の内側の爪を
取り除いておくと良いと思います。

ちなみに、塗装ブースを設置したショーケースは町田にあった
レインボーさんから頂いてカサレのレジ台としてずっと使って
たものを流用。事務所撤退時期に買い物に来たレインボーさんの
元店員さんに作業場にどうよ?って勧めたら、「懐かしいね
要らないよ」と簡単にスルーされてしまいました(^_^;
ホビーバンクの元社員さん達や知り合いの方々の間で断捨離が
流行ってんのか、不要品がなかなか捌けません(^_^;

あぁ、なんかやっぱり、よく解らない説明になってしまった(^_^;

テーマ:日記 - ジャンル:日記

昨日は思わず現状を語ってましたが、その前のブログではホビーバンク解体中と
次の拠点どうしよう?ってとこで終了してたんですね。

ホビーバンクで使用してた事務所は無事に撤退できました。
P1001389.jpg
計60坪に所狭しと置かれてた物品を始末するのは大変でした。
というか新しい拠点でどう整理するか困ってる最中だったりして(笑)

P1001382.jpg
廃材をはみ出して詰め込まれたコンテナをトラックにドッキングしよう
としてる所を撮影。こういうの見てるだけってのは大好きです。

P1001394.jpg
少し余った木っ端の処分も兼ねてバーベキューしました。
退去の立会も済んで、新しい拠点に荷物も運び終わってホッと
一息できた頃です。3月21日ですね。

新しい拠点は3月12日に物件見せて貰って18日には入居だったんで
どんだけ急がせたんだか(^_^;;;
大家さんに業務内容を伝えて快諾して頂いたんで、安心して製作作業できます。
実家や駅に近くなったんでかなり便利です。アリオが徒歩圏内なんで昼食時に
よく出没してます。
ではでは

テーマ:日記 - ジャンル:日記

約一ヶ月、ネット環境が無いというのは不便でした。
でも、PCでメールが使えないとかweb見られないで不便なのは
仕事関係だけだったりして。俺ってネット依存じゃ無かったんだと認識。

さてさて、色々と報告です。
まずワンフェス、またまた落選しました(笑)、別に悪いことしてないんですが(^_^;;;
次回申込ではキャパの狭い18禁ブースの参加は止めて、一般ブースにします。

ホビーショップ カサレは継続します。が、メインのお仕事はメーカーさんからの
試作関係のお仕事で、店頭販売自は一見さんお断りにして、通販でガンプラと
GKキャストやルミパウダー、マジョッコ売るくらいでしょうか。
200万弱の在庫はあるんで超々大安売りでもして捌きたいですね。

製作に使う塗装ブース、新設計しました。
皆様の模型製作への一助となればと思って解説付きで公開っす。

P1001428.jpg
全体の様子、今までの塗装ブースと一緒で横から流れる風にエアブラシからの
エアーが巻き込まれて、外に排出される仕組みです。
市販されている塗装ブースでは、空気を引き込む口の前で模型パーツの塗装を
行うことになるので、空気と一緒にホコリが飛んできて塗面に付着することが
あります。あまり神経質になる必要は無いのですが、自分の場合は仕事ですので
ホコリ付いたとか致命的なんで。本当は塗装工場みたいに上から下へ空気が
流れるシステムに憧れてるんですが、さすがに自作するのは大変そう・・・
上に置いてあるのは猫の爪研ぎ、模型のパーツを竹串や竹串付きのクリップで
固定して塗装した後に猫の爪研ぎに刺して固定します。

P1001414.jpg
前回は送風側も換気扇でしたが、今回はサーキュレーターを小改造して使用。
風の範囲を狭くしつつ幅90cmの距離を通すようにしてます。

P1001413.jpg
前回から大きく変わった排出口。前回は換気扇を通してからダクトの末端にある
フィルターで粉をキャッチしてたんですが、今回は換気扇の前にフィルターを
配備。三層フィルターで、掃除や交換し易くなってます。

P1001417.jpg
ついに22本になったエアブラシ。そんなに必要?ってよく言われますが
数体同時進行、後ハメ禁止、納期まであと数時間での修羅場にはこれでも
少ないくらい。一体のみ、後ハメOK、納期まで時間の余裕ある時とかは
1本で充分だったり。なので、後の掃除が大変なのでなるべく使用本数を
抑えて塗装してます。あと、どんなに似た色でも、少しでも違えば
使い回ししないでちゃんと指定通りの色を調色して塗装してるのも
本数多くなる要因です。

ではでは

テーマ:日記 - ジャンル:日記